2013年5月 のアーカイブ

快適に過ごす為には

2013年5月31日

こんにちは。

秋田ハウスの田中です。

さて、明日から6月ということで、いよいよ梅雨の気配が

ちらほら出てきましたね。

肌寒い春が終わり、過ごしやすい気温になったと思えば

梅雨がきて、いつの間にやら連日の猛暑・・・

そして、当然のように冬になれば寒さや雪と闘わねば

なりません。

毎年経験しているのですが、やはり東北の気候は

大変ですね(^^;)

私が通っていた学校の同じ研究室にウルグアイ人の

先輩がいたのですが、彼に言わせると日本の気候は

Crazy!! だそうです。

なるほど、言いえて妙ですね( ̄o ̄;)

さて、そんなクレイジーな環境でも心地よく過ごせるのが

秋田ハウスの住宅の特徴です!!

先日、勉強会の模様をご紹介させて頂きました

MaHAtシステムも快適に過ごす為の大きい要素ですが

今一度、秋田ハウスの断熱について目を向けてみましょう。

既にご存知の方も多いかと存じますが、当社の断熱方法は

『外張断熱』という工法です。

外張断熱

外張断熱工法は、断熱材を張るというよりは、

断熱材で家を包み込むという発想の工法です。

詳しくは当社サイトの「煉瓦積みの家」の中から、

右側の「用語・工法解説」をご参照ください。

http://www.akitahouse.co.jp/technology/sotodan.html

断熱材というと、暖房の熱を逃さないから暖かい

というイメージが強いかと思います。

冬暖かいという点は、実際その通りです。

しかし、それだけではございません!

冬に暖房の熱を逃さないという事は、

夏に冷房の冷気を逃さないという事でもあります。

冷気が逃げにくいから、冷房の電気代も抑えられます。

ecology_01

環境にも、お財布にも、そして何より体に優しい。

その上での、デザイン性、機能性、オリジナリティ。

そんな住宅をご提供するため、日々努力して参ります。

本日のブログは田中が担当させて頂きました。

タナカ

カテゴリー:未分類 |投稿者:

まだまだ先のことですが…

2013年5月30日

こんにちは。秋田ハウスです!
本日は工務課の境田が担当させていただきます☆

さて、早いもので今年も折り返し地点までまいりました。これから暑い夏がやってくるというのに我が家では半年後の冬に向け少しずつ薪ストーブ用の薪を割って準備を始めています。最近は街中でも煙突のある住宅が増え、暖房に薪ストーブを使用する家庭が増えてきたんだなぁと実感しています。
1

火のある暮らしは人との絆を深めてくれたり、ゆとりやくつろぎをもたらしてくれます。揺れる炎を眺める。薪のはぜる音に耳を澄ます。薪ストーブで料理を作り、味わう。そんな本物の火を効果的にとりいれる方法を少しだけご紹介します。


4 2 薪ストーブの熱の伝わり方はご存知でしょうか?薪ストーブから発生する熱は、主に「輻射」と「対流」によって室内を暖めます。まず、熱くなった薪ストーブから熱線がでて、周囲にいる人の体や壁・天井・床などに当たり、熱が伝わります(輻射)。一方、薪ストーブ周囲の空気が暖まって上昇し、そこに冷たい空気が暖まって…と繰り返す対流も生じます。ですから、薪ストーブをより効果的に使うためには、輻射と対流が効率良く行われる環境を整えることが必要なのです。

前回、私が担当させて頂いたブログでも登場いたしました秋田ハウスが採用しているMaHAt(新気調)システム。このシステムと薪ストーブの相性は本当に抜群なのです。MaHAt(新気調)システムは通常運転時には室温と2~5度差程度の空気を部屋に送ります。そのことで、室内の上下温度差や各室の温度差が非常に少なくなり、快適な空間が実現します。また、温度差が小さい分風量が多くなりますが温度差が少ない為にほとんど風速感を感じることはありません。
また、MaHAt(新気調)システムでは、循環する空気は従来の気調システムの3~4倍になっている為、空気を部屋の隅々まで行渡らせることができます。薪ストーブの性能を最大限に引出して暖かな空気を運んでくれるのです。さらに、秋田ハウスのように断熱性能、気密性能が高い住宅の場合は煙突掃除が従来より楽になる、薪をくべる回数を減らすことが出来るなどのメリットがあります。薪をくべる回数を減らせるのは薪の節約にもなり、薪を運ぶ労力も減り、本当に助かります。

今年の冬から薪ストーブを使ってあたたかな火のある暮らしをご検討中の方、また、秋田ハウスの住宅にご興味を持ってくださった方、住宅の新築やリフォームをご検討中の皆様、是非お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。


 本日は工務課の境田が担当いたしました。
ブログ用写真

カテゴリー:未分類 |投稿者:

一足先に衣替えです!!

2013年5月29日

皆様、こんにちは!!
秋田ハウスです☆

昨日まではとても天気が良く、夏のような暑さが続いていましたが、
今日からは天気は下り坂のようです(>_<)
天気予報のニュースでも「梅雨」の情報が増えてきました。

さて、私の実家では今が丁度田植えの時期です。
田植え
春になっても寒い日が続いた為か、例年よりは少し遅れ気味だとか…。
今年の米の出来具合が今から気になる、食いしん坊な私です。

そして気になる事と言えばもう一つ。
最近夜になるとカエルの鳴き声があちらこちらから聞こえてきます。
それはもう、カエルの大合唱です!!
大自然の中で幼少期を過ごした私としては、
この声を聞くとどことなく安心感と懐かしさを感じます。
少し気が早い気もしますが、「もうすぐ夏が来るなぁ」と
季節の変わり目を感じる今日この頃でした。

さて、もうすぐ6月、衣替えの時期です。
今年は「女性版クールビズ」というものが環境省から発表されたようで、
ちょっとした話題となっているようですが…。
秋田ハウスでも先日、女子社員の夏用の新しい制服を支給して頂きました。
ありがとうございます。
夏服夏服ベスト
6月を待たずに早速着用しております。
一足早い衣替えですね。
写真だと分かりづらいのですが、
ベストの色、柄が変わり、今までのものより薄手の快適な着心地です。
制服が新しくなると気持ちも引き締まり、より一層仕事に精が出ます。
衣替えで気分をリフレッシュして、お客様へより一層喜んで頂けるサービスを
提供出来るよう取り組んで参りたいと思います。
今後もどうぞ宜しくお願い致します。

本日のブログは、総務経理の高貝が担当致しました♪
ありがとうございました。
ブログ顔写真

カテゴリー:未分類 |投稿者:

話題の新作☆

2013年5月28日

こんにちは! 秋田ハウスです!!

本日のブログは、総務経理、松永が担当させて頂きます。
最近我が家で話題のものはこちら!

DSC_0066
話題の村上春樹新作がやっと我が家にもやってきました(*^^)v
実は、私の母が大の村上春樹ファンなのです!発売後も欲しい欲しいと言いながら、なかなか買うことが出来ずにいたのです。
毎日、帰ると熱心に本を読み進める母が待っております(笑)
私は母の読み終わるのを待つ、順番待ちの状態です(>_<)
時間を忘れてする読書はいいですよね(*^_^*)
とはいえ、社会人として翌日の業務に支障が無いよう、夜更かしは禁物ですね(笑)!!!
話題のベストセラーってなんだかおしゃれになったようで幸せになります♪
おしゃれといえば、煉瓦のお家って幼いころ絵本なんかで見て憧れた記憶がありませんか?
「こんなお家に住んでみたい(#^.^#)」と思っていた夢を実現することが出来るのです!!
みなさんのお家も、煉瓦積みにしておしゃれな外観にしてみてはいかがでしょうか?
秋田ハウスでは、新築物件のみならず、煉瓦リフォームも取り扱っております!
住み慣れたお家でも、外観を煉瓦にすると、一気に重厚感、高級感のあるものに大変身!!

 

konoura_befoer_000
konoura_after_000
また、煉瓦の外装は見た目の美しさだけでなく、コスト面、安全面でも非常に優れたものなんですよ(^_^)/
外装の塗り替え工事が不要なうえ、年月が経つごとに痛むどころか風合いが増していくのです!!
塩害や雪害にも強く、メンテナンス不要の優れた外壁材なのです(^O^)♪
10年、15年ごとのメンテナンスが必要ないどころか、そのままで年々風合いが増していくのです(*^_^*) 一石二鳥ですね☆
いや、一石二鳥どころか、景観性、耐久性、耐火性、耐震性、耐熱性、経済性……一石何鳥なのか数えきれないほどの利点が盛りだくさんなのが煉瓦積み住宅なのです!!!
外観の美しさだけでなく、機能性に魅力を感じてくださるお客様が多数いらっしゃいます!!!
煉瓦積みの魅力についてはこれからもどんどん紹介していきますので、お見逃しなく!!!!
会社へのお問い合わせや、展示場へのご訪問も随時お待ちしております(@^^)/ 

本日のブログは総務経理・松永がお送りしました!
IMG_0216
それではまた(^o^)丿

カテゴリー:未分類 |投稿者:

もう一度確認。

2013年5月27日

こんにちは!秋田ハウスです!

すっかり暖かくなってきましたね。
桜は散ってしまったものの、まだまだ沢山の花を楽しむことが
できますよね。

201305141714000
 

振り返りますと昨年末から今年にかけての大雪に関しては
皆さんも大変な思いをされたことと思います。

まだまだ知られておらない方が結構いらっしゃいましたので
情報としてお伝えさせて頂きます。

大雪のおかげで雪害による建物の破損は火災保険が適用に
なるケースが多くございます。

たとえば一番多い例が雨樋の破損です。

雨樋1
 

風除室屋根の破損もございましたし、

風除室1
 

エアコンのスリムダクトやFFストーブの排気筒破損、

スリムダクト1
 

また落雪による境界フェンスの破損なんかも保険の適用に
なるケースがございます。

フェンス1
 

保険会社さんによっては適用下限額の違いや、適用内容が
違うことがございます。

先ずは もう一度ご自宅の回りを点検・確認頂いて、
加入されておられる保険会社さんに聞いてみては如何でしょうか?

御見積りが必要になりますので、その際は是非当社へお声掛けを!

本日のブログは高橋が担当しました。
2012071616040001

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる