2014年1月 のアーカイブ

2月1日・2日見学会開催致します!

2014年1月31日

こんにちは♪
秋田ハウスの立花です(´▽`)ノ
先週から今週にかけて、低気圧の影響で
雪が降ったり、雨が降ったり、強い風が吹いたり…
1日の内でも気に幅がありますね。
やはり、『大寒』の時期はいっそう寒さを感じやすいです(´`;
この時期でも性能を発揮する当社の住宅の見学会を
先週末に引き続き、明日2/1(土)~2(日)の2日間、開催致します♪
チラシ
『当社で23年前に建てた秋田ハウスの高性能住宅見学会』
□ 日程: 2/1(土)~2(日) AM10:00~PM19:00
□ 会場: 由利本荘市川口マックスバリュ川口店様近く
□ 当社で23年前に建てた『リフォーム前』の
秋田ハウスの高性能住宅をご覧頂けます♪
結露が無いため、床下も腐ることがなく、
家中暖かく、壁やクロスも隙間がなく、綺麗な状態です★
新築が綺麗で暖かいのは当たり前ですが、
23年経っても変わらず快適にお過ごし頂けることを
実際にご覧頂いて体感して頂ける良い機会です!!
この機会にぜひご来場くださいませ(´▽`)

太平洋側出身の私は、春の明るくて、暖かい日差しが待ち遠しく、
自宅のインテリアを少しずつ模様替え中です。
季節の変化に合わせて物の置き場所や数、色の配色を決めて、
整理整頓すると、新しい気持ちで次の季節を迎えられるので、
とてもわくわくします…♪

春の小物
1390577052409
少し濃い色の花やコースターを飾ったり、
前から気になっていたキャベツのような『葉牡丹』を使ったり…
いつもとは用途が違う器も色々工夫すると面白いですね。
これから徐々に春の花も増えるので楽しみです★
本日は立花が担当致しました。
それではまた(*´▽`)ノ
立花

カテゴリー:コーディネーター |投稿者:

結露は住宅の大敵です・・

2014年1月30日

こんにちはっ☆
秋田ハウスの佐々木ですヾ(@~▽~@)ノ
いつもご覧いただきありがとうございますv

内陸では記録的な積雪などニュースにもなっておりますが
皆様は風邪など引いておりませんでしょうか???

うちでは寒さに負けないだけ毛糸の小物が増えて
雪かきに行くときはダルマみたいに着込んでます(○゚ε゚○)
その中でも最新作がこちら・・☆

大作!!!

 

今回のは製作期間1ヶ月半ほどかかっていた大作ですv
ハンガーにかけると着たときのイメージが沸きますねo(@^◇^@)o

出来るものなんだねー

ところでこの寒さでついに我が家にも凍結の被害がでました・・
寝室の窓が結露して流れ落ちた水滴が凍りつき窓が開かないといった
残念な状況でした(ノ◇≦。) ビェーン

こんなとき当社で働いていると
「秋田ハウスの家に住んでたらこんなことにならないのになぁ」
と考えてしまう自分がおりますヾ(;´▽`A“

なぜなら結露が発生しないから・・☆
普段からブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが
結露が発生するのは暖かい空気が窓で冷やされるといった温度差が原因となりますので
温度差のない秋田ハウスの家には無縁の存在なのです☆^∇゜)

結露しないのはコレがポイントっ!!
 
結露が出てもこまめにふき取れば・・と思う方もいるかと思いますが
結露が原因で腐食やカビ・シロアリの被害に繋がってまいりますので
こうなってしまったら修繕工事に莫大な費用がかかってしまいます・・。

初期投資は他のメーカーより高くても理由のある高さなのですo(@^◇^@)o
秋田ハウスで家を建てるのを目標に頑張って働いている佐々木から
ちょっとした当社の商品自慢でした・・☆

最後まで読んでくださいまして
ありがとうございました ヾ(@°▽°@)ノ

JIBUNN 設計@佐々木

カテゴリー:未分類 |投稿者:

今週もイベント開催です!!

2014年1月29日

こんにちは!

秋田ハウスです。

今年は雪が少ないのかな~なんて思っておりましたが
やはり降るときは降るものですね。

子供の頃は雪が積もるとわくわくしていたものですが、運転するようになってからは素直に喜べない自分がいます・・・

特に雪が溶けかかってべちゃべちゃの状態は運転していて怖いですね。

秋田の気候の特徴として、北海道などのずっと氷点下な地域に比べ、0度付近をいったりきたりするため
この時期は雪が溶けたり凍ったりを繰り返します。

01

運転時ももちろん気をつけなければなりませんが住宅にとっても良くない環境です。

雪が溶けたり凍ったりを繰り返し、それにより引き起こされるのが凍害です。

春先に雪が溶けて外壁を見ると剥げてきてしまっているなど良く聞く話です。

当社でおススメさせていただいている煉瓦の外壁材ではそのような凍害の心配はございません。
長年雪害や凍害にお悩みの方は是非当社までお問い合わせ下さい♪

さて、そんな当社が先週より行っているイベントですが、
23年前に当社で建築した物件の見学会を行わせて頂いております!!

baiduime_2014-1-21_18-22-40

築23年といいますと実は私とほぼ同い年だったりします。

実際に私も見学会の準備がてら見学させていただいたのですが、
23年経ってもなお快適性をそのままに、結露がないため水周りの床下も腐ったりせずクロスなども築23年とは思えないほど綺麗に保たれております!

この機会をぜひお見逃しなく、秋田ハウスの住宅性能を体感されてはいかがでしょうか?

本日のブログは総務経理の阿部が担当致しました。

ブログ用写真

阿部

カテゴリー:未分類 |投稿者:

インテリアオーナメント!

2014年1月28日

こんにちは!秋田ハウスです☆
本日は工務課の境田が担当させて頂きます。

先日、全国的に暖かな日があり、秋田市でも雨が降って少し雪が融けましたが、また寒い日が戻ってまいりました。車の運転や、体調管理にお気をつけ下さいませ。

ところで、私には今年から始めたことがございます。それは毎月の記念日に妻に花をプレゼントすることです♪
もちろん、毎月、毎月、高価な花をプレゼントするのは難しいので、数本の切り花だったり、小さなプリザーブドフラワーだったり。自分自身も選ぶのを楽しみながらプレゼントしています。小さな花たちですが、我が家のリビングを明るい雰囲気にしてくれています☆ そして、間近に迫った妻の誕生日には、手料理を振舞うつもりでおります!料理は得意ではありませんが、心を込めて作りたいと思っております♪

IMG_1149

IMG_1151

切り花やプリザーブドフラワー、また、インテリアグリーンと呼ばれる観葉植物の鉢植えはインテリアオーナメントといいます。インテリアオーナメントとは、色や模様、形、配置などに趣向を凝らした、演出性の高い室内装飾品のことを指します。絵画や写真、工芸品、インテリアグリーン(観葉植物)や、花類、雑貨、小物が代表的なものになります。住まい手の趣味嗜好が反映されるインテリアのアクセントですよね!皆様はどのようなテイストの物でコーディネートを楽しまれているでしょうか?

秋田ハウスの住宅は完全自由設計ですので、お客様の好みやこだわりにあった内部空間デザインが可能です!インテリアオーナメントを飾ることが出来るオリジナルの壁厚収納などもございます。

IMG_1154

もちろん、内部空間だけでなく秋田ハウス自慢の煉瓦積みの外壁や、サイディングの外壁など、多種多様な外観デザインのご提案も出来ます!!

秋田ハウスの住宅にご興味を持ってくださった方、住宅の新築やリフォームをご検討中の皆様、是非お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。
IMG_0213-150x150
本日は工務課の境田が担当いたしました。

 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

長寿命住宅の秘密 Part2

2014年1月27日

こんにちは
秋田ハウスです(^^)

先日は一瞬でしたが寒気も緩み、雪が溶けてくれるかと思いましたが
昨日の夕方から一変して、また真冬に戻ってしまいましたね(^^;)

毎年冬になるとスノーボードにでも行きたくなりますが
なかなか機会がなく、愛板は寂しく倉庫で冬眠中です。
今シーズンこそは、どこかで活躍して貰おうかと思っております。

 DSC_0019

さて、秋田ハウスでは先日の土日に引き続き、今週の土日は
”23年前”に建築した物件の見学会を開催させて頂きます。
昨日一昨日と大勢のお客様よりご来場頂きまして誠にありがとうございました。

高性能住宅だからこそ、このような見学会が可能となりますが
長寿命住宅を実現させるには、様々な面で住宅の性能が関わってきます。

その内の一つとしてシロアリ対策がございます。
一見、シロアリ対策と住宅の性能には関わりがないように感じますが
実は大きな関係性がございます。

シロアリが発生する場所は、主に床下・壁の中の木部で、発生の原因としては
その場所の温度・湿度がシロアリの発生に適した環境になっていることが挙げられます。

そこで、シロアリが発生しやすい床下や壁の中の木部をシロアリの発生に適さない
環境にするため、当社では確実な防湿・気密施工と断熱施工、計画換気を行っております。
外部に面した基礎は断熱材でサンドイッチされ、床下も断熱・気密化されております。
床下の土間空間には、土中の水蒸気が建物内に浸入してこないように防湿シートを施工し
その上に100ミリ厚のコンクリートを打設しています。

 

kiso

 

このことで、床下空間は居住空間と同様に断熱・気密空間内にあり、温度・湿度が
一定に保たれるようになり、更に床下空間の計画換気により床下での結露現象が発生せず
結果として、シロアリ・腐朽菌が発生しづらい環境になっております。
壁体内については通気層を設けることにより、軒天換気口や屋根の棟換気口から水蒸気を
逃がす家づくりをしています。

シロアリ対策は、ほんの一例ですが、このように住宅の性能が高いことにより
秋田ハウスは長寿命住宅を実現出来ており、23年前に建物であっても自信を持って
今回のイベントのような見学会を開催することが出来ているのです!

他社様では、なかなか真似の出来ない貴重な見学会ですので
是非、ご来場頂きたく宜しくお願い致しますm(_ _)m

 1.25.26 見学会チラシ

本日のブログは田中が担当致しました。

タナカ

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる