2014年6月 のアーカイブ

煉瓦の寸法と名称!

2014年6月30日

こんにちは!秋田ハウスです!!
本日は、工務課の境田が担当させて頂きます。

私事ではございますが、先日、無事に元気な女の子が誕生致しました☆
当社副社長、そして社員、また、家族や友人など本当に多くの方々にご協力頂き、見守って頂いたお陰で出産に立会い、誕生した赤ちゃんと対面することが出来ました。この場をお借りして御礼申し上げます。

これからは3児の父として、より責任感を持ち、住宅つくりを通して社会や地域に貢献出来るよう微力ながら全力を尽くす所存でございますので何卒今後共一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_2356赤ちゃんは、本当に可愛くて、スクスク元気に成長して欲しいと願っております☆

そして、家庭菜園の野菜も無事に少しずつですが、収穫できるようになりました!

IMG_2359

さて、私が前回担当させて頂いたブログでは、煉瓦の積み方についてお話させて頂きましたが、今回は煉瓦の寸法や名称についてお話させて頂きたいと思います。ここでお話させて頂く煉瓦は普通れんが(common bricks)といい、日本工業規格(JIS)で粘土を原料として、混錬、成形、乾燥、焼成した煉瓦について適用されています。

この、普通煉瓦の寸法は、
長さ(長手)210mm×幅(小口)100mm×厚さ60mm
となっています。

この普通煉瓦の常備品の役物にはおなま、はんぺん、二寸角、ようかん、せんべい、しちごぶ(七五分)、にごうぶ(二五分)等があります。
はんぺんに、ようかん、せんべい。食べ物の名前が面白いですよね!
それぞれの寸法は、

名称    長さ   幅   厚さ
おなま   210  100 60
はんぺん  210  100 30
ニ寸角   210   60 60
ようかん  210   45 60
せんべい  210   30 60
しちごぶ  155  100 60
はんます  100  100 60
にごうぶ   45  100 60

となっています。
煉瓦も奥が深くもっと勉強してみたいと思っております。

秋田ハウスの煉瓦積みの家は、独立した煉瓦壁を躯体から離してウォールタイというもので保持し、空気層を設けておりまます。その為、煉瓦壁と躯体が別々の動きをすることが可能で、躯体への負担、躯体への挙動の影響が少なくなります。秋田ハウスでは、確かな構造計算のもと、多くの耐震実験を行うことにより、耐震性は確かなものになっております。その煉瓦の良さを展示場や随時開催しております完成見学会等で、是非ご覧ください!秋田ハウスの住宅にご興味を持ってくださった方、住宅の新築やリフォームをご検討中の皆様、是非お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

IMG_0213-150x150

本日は工務課の境田が担当いたしました。

カテゴリー:未分類 |投稿者:

収納☆Part2

2014年6月29日

こんにちは!秋田ハウスです(^^)
本日は、総務経理の平野が担当させていただきます♪

今月は、なんと3度目の登場でございますが、
どうぞ私のお話にお付き合いください。

さて、前回の私の担当したブログを見られていない方も
いらっしゃるかと思いますので、前回のお話もちょこっとご紹介
させていただきたいと思います。

前回は、収納のお話をさせていただいておりました。
収納カウンセラーの大森めぐみさんによると、
片付けのスタートは生活に合った収納を行うことだということで、
3つの心得を紹介させていただいておりました。
その心得とは
①すべてのものの置き場所を決める
②出しやすく、戻しやすいように工夫する
③使ったら元に戻す習慣をつける
でした。
前回は、この3つの心得の中身までご紹介できていなかったので、
今回、ご紹介させていただきたいと思います☆

①すべてのものの置き場所を決める
  ものは使う場所の近くに置くことが基本だそうです。
 実際の動きを思い浮かべて、
 その動線上に置くと場所を覚えるのも簡単で、
 利き手側に置くだけでも全然片付けやすさが違うとのこと(^^)
 また、オープン収納は、ひと目でどこに何があるかを見渡せるので、
 家族みんなが一目瞭然になるそうです。

 (1)家族で使う物は家族が集まる場所に置く
    リビングに置かれた扉付きの棚には日用品や掃除用具から、
   お子様達の衣類やおもちゃまで収納してしまいましょう!!
 (2)中身の分かる容器や仕切りを使って「見える収納」
    乾電池は「使用済み入れ」も用意し、包装用品はセットで収納。
   おもちゃは1アイテム1ボックスで片付けやすくしましょう!!
 (3)食材は透明容器で残量をしっかり把握
    乾物や残ったお菓子などは透明な瓶に入れて、早めに
   使い切るようにしましょう!!
   容器がそろっていると見た目も美しいですよね(^皿^)
 (4)すぐには洗濯しない服にもちゃんと指定席を作る
    散らかる原因のひとつは、片付ける途中のものの
   置き場所がないことです。
   パジャマや部屋着などにも指定席を作りましょう!!
 (5)洗面所にはワゴンを置いて出し入れが楽なオープン収納にする
    洗面台の収納には旅行用品など使用頻度の低いものを収納し、
   いつも使う洗面グッズやタオルはワゴンに入れましょう!! 

①の中身だけでも長くなってしまいましたね(-_-;)
続きは次回の私の更新をお楽しみに(^^)/

当社のオリジナル収納の画像を載せさせていただきました↓↓

かぐ2
詳しくはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ(*´∀`*)

本日は、総務経理の平野が担当いたしました(=^▽^=)♪IMG_3814

カテゴリー:未分類 |投稿者:

いろんなところで。

2014年6月28日

こんにちは!秋田ハウスです!

だいぶ暑い日が続いていますね。水分補給が欠かせない今日この頃です。

煉瓦の外壁や塀に煉瓦を用いた場合は修理・復元可能ですか?
という質問を頂くことがございます。

前に煉瓦外壁への増築実例もご紹介させて頂いたこともございますが、
もし大型トラックなんかが煉瓦の塀に突っ込んでしまって
こんなふうになってしまっても・・・
煉瓦塀1

破損してしまった部分、回りの亀裂が入ってしまった部分を
キレイに取り除き、再度鉄筋を繋げて復元していくことが可能です。
煉瓦塀2

 

先日お客様のご好意により開催させて頂きました御所野での
完成見学会では多数のご来場を頂きまして、大変ありがとうございました。

秋田市四ツ小屋では本格的に基礎工事が進められ、
四ツ小屋

秋田市雄和では造成工事が開始し、
雄和

秋田市新屋では建て方が進められております。
新屋

 

リフォーム工事でも内壁を全て撤去し、壁・天井裏・床下と
断熱補強の工事も進められております。
新屋リフォーム

いろんなところで、いろんな分野で頑張っておりますので
見学会に限らず、現場案内のお声掛けも是非宜しくお願い致します。

本日のブログは高橋が担当しました。
201207161604000

カテゴリー:未分類 |投稿者:

外張り断熱により長寿命な住宅を☆

2014年6月27日

こんにちは☆
秋田ハウスの佐々木です
だんだんと暑くなってきましたね(^^;)
時期的にはまだ早いですが夏バテをされないように
体調管理には十分お気をつけ下さいませv

もうご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが
本日はよく聞くであろう外張り断熱について
なぜ外張り断熱が良いとされるのかを書きたいと思いますv

外があるので内もございますが
これは家を形成する構造躯体の内側と外側の意味です☆

構造躯体にはもちろん柱がございますが
内断熱はその柱と柱の間に断熱材が設けられている形状となりまして
外張り断熱では柱の外側に断熱材がございますヾ(@~▽~@)ノ

ではなぜ外張り断熱のほうが良いのでしょうか?

実は家の寿命に関わる大きな違いがございます(@Д@;
それは家の大敵となる結露が関わっておりますv

例えば冷たい水の入ったコップを常温下に放置すると
コップのまわりに水滴がつきますよね、
あれはまわりの暖かい空気と冷気がぶつかることで
空気中の水蒸気が水滴になっておりますが
同様のことが家にも発生する可能性があるのです(;´Д`A “`

内断熱の場合ですと柱の部分には断熱材が無いため
断熱欠損を起こしている状態になりますv
当然その部分からは冷気が入り込みまして
室内の暖かい空気を壁内にてぶつかり結露を起こしてしまうのです☆

内断熱工法の断面図

結露の発生が腐朽菌やシロアリ被害を呼びまして
家の寿命は大きく縮んでしまいますΣ(・ω・ノ)ノ

そのため当社では全棟外張り断熱施工をすることにより
断熱欠損の無い長寿命住宅をご提供させていただき
大変多くのお客様よりお喜びいただけておりましたv

これから新築をご計画の方、また冬の時期に寒さを我慢されて
高性能リフォームにご興味のある方は是非一度当社にお越し下さいv

社員一同お待ちしておりますので
お気軽に当社にご連絡くださいませo(*^▽^*)o

本日は佐々木が担当致しましたv

JIBUNN

設計@佐々木

カテゴリー:未分類 |投稿者:

夏のマッハシステム!

2014年6月26日

こんにちは!本日は営業の小林がお送り致します!

梅雨とはいえ夏の様な天気が続きますね。
うちの息子も夏仕様になりまして、この時期限定の坊主頭にしてきました★
DSC_0254
現在私のほうでは、築三年のマッハシステム搭載の煉瓦積みの家で
生活を送っておりますが、本日はこの時期の冷房の使い方について
ご紹介をさせていただきたいと思います!

基本的に、マッハシステムはエアコン一台で全館冷房を行い
ますが、秋田の夏は本当に短いので、実は24時間冷房を
稼働させるのはほんの一週間程度でした。

特に今の季節くらいの、日中は少し暑いものの、夕方には涼しく
なってくる様な時期ですと、直射日光さえ遮ってあげますと
窓を空けていると冷房を入れる事はございません。

「24時間換気」と聞くと窓を空けてはいけない気がしてしまうかも
知れませんが全く問題ございません。
外の空気が快適な時は従来のおうちと同じような生活の仕方で、
むしろ断熱性が高い事で、間違って中に熱をこもらせない限りは
冷房なしでも快適に過ごす事が出来ていますよ★

今度は、雨が降っていて蒸し蒸しして窓を開けれない様な天気の
時期にもマッハシステムは本領を発揮します。
その様な天候は滅多にないかも知れませんが、そんな場合でも
エアコンの除湿モード(ドライモード)を3時間タイマー運転程度で
一気に室内をカラッとさせる事が出来ます!

除湿モードは冷房以上に消費電力が高いですので、深夜電力の
時間帯に行うとさらに効率的になります!

真夏本番の時期が使いかたとしては一番単純です。
純粋に窓を閉めて冷房モードにする事で冷えすぎない、自然な冷房を
全館に行き渡らせる事が出来ます!

ぜひ新築をご計画の方は、「百聞は一見にしかず」。いつでもご体感
可能でございますのでお問い合わせ下さいませ!

本日は営業の小林がお送り致しました★
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる