2015年9月 のアーカイブ

展示場 秋の収穫祭のお知らせ♪

2015年9月30日

こんにちは(^^) 工務の高橋です。

日に日に秋が深まってきていますね(^^)

先日、紅葉はまだ早いと思いつつ、山へドライブに行ってきました。
思いの外、山頂の紅葉が進んでおり、秋を満喫してきました♪
あいにくの曇り空・・・晴れた日にまた紅葉を見に行きたいと思います。
O
O

さて、10月10日(土)・11日(日)は、
さきがけ展示場にて、秋の収穫祭を開催致します☆
展示場外観これから寒くなりますが、秋田ハウスのように温かい住宅は、
本当に必要不可欠です(^^)
当日は、イベントが企画されておりますので、お楽しみ頂けることと思います♪
煉瓦積みの家へリニューアルをしてから約一年が経つ秋田ハウスの展示場へ
是非ともお越し下さいませ(^^)/

本日のブログは、 工務の高橋が担当致しました♪
高橋写真

カテゴリー:未分類 |投稿者:

秋も花粉症!?

2015年9月29日

こんにちは!秋田ハウスです!!
本日は工務課の境田が担当させて頂きます。

我が家では、朝にストーブを使う日もありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?風邪を引いたりしないようお気を付け下さいませ。

さて、先日、私は家族と一緒に井川にある日本国花苑に行ってまいりました。そして、その日が末の娘の外歩きデビューとなりました☆
つい最近、高速ハイハイを卒業し、家の中でヨチヨチ、フラフラ歩いて転んで泣いたり、ぶつかって泣いたり。目を離せないでおりますが、笑顔で歩いている様子を見て家族全員、癒されております♪

IMG_0932

IMG_0934

IMG_0933

さて、ここからが本題です。本日は秋の花粉について少しお話をしたいと思います。
花粉症といえば春に症状が出ると思っておりましたが、実は夏も秋も花粉症の症状が出るようです。花粉症を引き起こすのはスギだけではなく、ヒノキやカシ、ヒメガマなど、いろいろな植物の花粉が原因になりえます。つまり、花粉症は一年中、気をつけなくてはいけない症状なのですね。
とくに、秋は春に次いで症状が出やすいとされ、ブタクサやヨモギの他、猛暑のために植物の生育が早まった場合は、秋にスギ花粉が飛ぶこともあるそうです。

花粉症対策として、家の中での対策としては、なるべく花粉が家の中に入らないようにすることが一番のポイントになります。入り込んだ花粉はしっかり取り除き、快適な生活空間をつくりましょう。

〇電化製品の活用
空気清浄機、掃除機など、花粉対策が出来る電化製品が販売されています。すべての花粉を除去できるわけではありませんが、効果が期待できますので、目的に合うものを活用してみてください。

〇掃除の時に花粉を舞い上がらせない
花粉を取り除くための掃除もやり方を間違えると、花粉が部屋中に舞い上がって、かえって症状が重くなってしまうこともあります。掃除のポイントは花粉を舞い上がらせないこと。排気の少ない掃除機を使う、もしくはぬれたぞうきんやモップを使ってふき掃除をするなど、掃除の仕方にも工夫が必要です。

〇湿度を50~55%にキープ
空気が乾燥すると、花粉症が起こりやすくなります。一般に、鼻やのどの粘膜の炎症を抑えるのには、50〜55%の湿度が最適といわれています。湿度設定のできる加湿器を利用して、部屋の湿度をキープしましょう。

〇洗濯物の室内干しが有効
花粉シーズン中に洗濯物や布団を外に干すと、衣類や布団に花粉がたくさんついてしまい、そのまま使うと症状が悪化する原因にもなります。洗濯物は室内に干して、乾燥機を使って乾かすようにすると花粉の侵入を予防できます。布団も布団乾燥機を使います。外に干したい場合は、花粉の少ない日を選び、取り込むときにきちんと花粉を払い落としてください。
つらい花粉症の症状を軽減する為に是非、上記の対策方法を試してみて下さい!

長年、高気密・高断熱住宅を手掛けてきた秋田ハウスが辿り着いた「マッハシステム」は全館の暖冷房をエアコン1台で可能にした省エネルギー性に優れた空調システムです。換気や通風に配慮することで、ダニやカビの繁殖を防ぎ、埃が溜まるのを防ぐことが可能です。 メリットとして、

・エアコンの風を直接感じにくい

・電気代が安い

・汎用品を使うことで、メンテナンスがしやすい

・住宅内の温度差がほとんど無い

・確実な換気ができる

などがございます。
秋田ハウスの住宅にご興味を持ってくださった方、住宅の新築やリフォームをご検討中の皆様、是非お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

IMG_0213-150x150

本日は工務課の境田が担当いたしました。

 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

最近、火災保険の問い合わせが多くなってます。

2015年9月28日

こんにちは、秋田ハウスです。

いよいよ、秋に突入ですね。あっちこっちで、稲刈りを目にしますし秋のイベント広告も

たくさん見るようになりましたね。

 

最近自分は、秋田県の北に行くことが多くなり、去年は

由利本荘市から大仙市大曲に行く道路の紅葉をみましたが

今年は、五城目町から大館市に向かう山々の紅葉を見ることになりそうです。

 

まずは、先日の大仙市大曲、展示場イベントご来場頂きありがとう

ございました。

今日は、最近問い合わせがある火災保険についてお話ししたいと思います。

皆様も記憶に新しいと思いますが、鬼怒川の反乱で住宅が流された

ニュースやインターネットなどの写真などでご覧になった方も多いと思います。

やはり、災害は怖いという印象を受けましたよね

そのため、最近では火災保険に水害や地震保険を付けた場合いくらになりますか

という問い合わせも多くなりました。

秋田ハウスの家は、流される事がないと思いますが何がおこるかわからない不安

はありますよね

今回自分が、お話したい内容としては保険はとても大事ですが

内容について、本当に必要か確認した上でご検討ください。

特に水害については、海や川が近いからという理由だけでは判断しないように

お願い致します。

 

保険の説明みたいになりましたが、

営業の齋藤でした。

IMG_3959

カテゴリー:未分類 |投稿者:

断熱性能Q値!?

2015年9月27日

こんにちは秋田ハウスです!

季節の変わり目で気温も下がってきてますね。
私はちょっと風邪気味です。
皆様もお体には気を付けて下さいませ。

本日は
住宅の『断熱性能』について触れてみます。
多くの住宅メーカーが高気密高断熱を宣伝おりますが、
高気密高断熱とはどの程度が『高い』性能なのか疑問を感じませんか?

実は、断熱・気密に関しての性能を数値的に表すものがありまして、
断熱性能を表す指標がQ値
気密性能を表す指標がC値といいます。

住宅の性能を数値で表すことで、住宅の性能がどの程度の断熱性・気密性を持っているのかが分かります。
これから新築をご検討中されるなかで、性能の差別化と検討材料になるかと思います。
是非、C値とQ値を覚えていて頂き住宅メーカーの比較をされてみてはいかがでしょうか。

本日はそのQ値の方をご紹介させて頂きます。

Q値とは熱損失係数というものでして簡単にご説明しますと
住宅の熱の逃げやすさを表しておりまして、この数字が小さいほど断熱性能の高い住宅と言えます。

先に、当社の平均的なQ値を申しますと、Q値=0.9~1.4なのです。

これだけでは、どの程度の断熱性能なのかはハッキリ分からないですよね。
そこで、比較材料として下の図をご覧下さい。

Q値 Aが当社住宅のQ値なのですが、BがR-2000住宅といってカナダでの基準値、
C・Dが日本の次世代省エネルギー基準を表しております。

Q値は数値が小さければ小さいほど、断熱性能が高い住宅といえますので
当社住宅の断熱性能がどれだけ高いかがお分かり頂けるかと思います!

Q値につきましては、ご提案させて頂く間取りでの計算を行いまして
暖冷房費のシミュレーションと合わせてお見せしていますので
ご興味を持たれましたら是非、お問い合わせを頂ければと思います。

来月も多数のイベント、完成見学会を予定しておりますので、
是非、当社の断熱性能を肌で感じてみてくださいませ。

本日のブログは三船が担当しました。
ブログ写真
 

 

 

 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

長い目で!!

2015年9月26日

こんにちは、秋田ハウスです!!


ラグビーの日本代表が歴史的勝利をあげたということで
先日初めてテレビでラグビーの試合を見ました!

私はよく野球の話をするので、野球にだけ興味があると思われているかもしれませんが
野球以外にもバレー、サッカー、陸上、水泳、柔道、テニス、卓球、フィギアスケートと
何でも観ます(^^)

ですが、ラグビーの試合は今まで観たことがなかったので、
ルールが今一つ分かりませんでした(^_^;)

ルールを覚えたら、よりいっそう試合を楽しめると思いますので
時間がかかってしまうかもしれませんが
ながーい(長い)時間をかけて、これから少しずつ覚えていこうと思います(=^・・^=)!!



さて、秋田ハウスでは、長年
高気密・高断熱住宅や住宅の省エネルギー化にこだわり続け
長寿命で、安全、そして快適に住むことができる
家づくりを 行って参りました。

当社の「マッハシステム」は市販のエアコン、
たったの1台で全館冷暖房、換気を行い、
家のどこにいても快適な温度、新鮮な空気にしてくれる
大変、省エネルギー性に優れた当社自慢の気調システムです。
kityou2

また、秋田ハウスの「煉瓦積みの家」は塗替え、張替えなどのメンテナンスが不要で、
塩害や雪害に強く、家を建ててからの費用を抑えることができます!!
長く住み続けることのできる家を
どうぞ、ご検討下さいませ。


詳しいお話を聞きたいという方は、
展示場、秋田、本荘の営業所にお気軽にご来社頂ければと思います(^^)

また、お電話でのお問い合わせでも大丈夫ですので、ご遠慮なくご連絡頂きたいと思いますm(_ _)m



本日は、総務経理の平野が担当致しました(=^▽^=)♪IMG_3814

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる