2016年8月 のアーカイブ

風の影響・・・

2016年8月31日

こんにちは!秋田ハウスです。

 

本日は台風一過の晴れ間がのぞく天気になりましたね♪

昨日の台風ですが私の実家ではバタバタと準備をしていた割にあまり大したことが無かったので

家族一同肩透かしをくらったような状態でした。

もちろん被害が出ないことが一番ですけどね!!

他の地域の方々をみていると被災されている方も多く見受けられます。

二次災害などの可能性もございますので皆様お気を付けくださいませ。

 

さて強風つながりで本日は気密性についてお話させて頂きたいと思います。
気密性、いわゆるC値(相当隙間面積)ですが、これが断熱性にも非常に関係のあるものなのです。
いくら断熱性が高い住宅に住んでいようとも隙間があっては熱が逃げてしまいますよね?

Q値に関しては次世代省エネ基準で基準値が決められているのですが、C値に関してはH21年に省エネルギー基準の改正で基準値が消去されてしまいました。以前はC値2.0以下というのが基準にっておりました。
ちなみに秋田ハウスではC値が0.5以下の住宅を施工しております!!

C値0.3の住宅とC値2.0の住宅に風速6メートルの風が当たった際に逃げてしまう熱量を比べると実に6.6倍ものエネルギーが失われてしまうのです!!

20121116174519522_0001
条件などはあるかと思いますがとても損をしている気持ちになりますね・・・

皆様も建築をご検討される際にはQ値だけでなくC値も気にされると損をしないかとおもいますのでしっかりご検討してください!

 

本日のブログは総務経理の阿部が担当致しました。

ブログ用写真

阿部

カテゴリー:未分類 |投稿者:

台風被害にご注意を(ノ△・。)

2016年8月30日

こんにちは☆
秋田ハウスの佐々木です(。・ω・)ノ゙
台風が近づき天気はいいものの風が強く少し不気味な静けさですね・・
皆様のまわりでは台風対策は万全でしたでしょうか。

台風によって住宅への被害が考えられますので
最小限の被害で済むような対策を取っていただけたらと思います。

家の中で出来る対策と致しましては
飛来物により窓を割ってガラスの飛散が考えられますので
窓をテープ等で固定するか、簡単な対策としては
カーテンやブラインドを閉めておくことが良いかと思いますv

また家の外では庭木には支柱を立て固定することや
排水口を清掃し流れを良くしておくこと等が有効的ですが
あくまでも事前の対策になりますので台風が来ている状況では
外出をなるべく控え屋内にいることをお勧め致します☆

万が一ご自宅への被害等がございましたらお気軽にご連絡いただけましたらと
思いますので宜しくお願い致します(*’-‘*)

最後に前回のブログで我が家の愛犬ちゃこの手術をお伝えさせて
いただきましたが術後は安定し最近ではすっかり元気になりましたv

元気になりましたv

実はまだおなかの毛だけ刈り取られ恥ずかしい姿のちゃこですが
以前と同じ元気な姿に毎日癒されております(*´∇`*)
ご心配おかけしましたがまた元気な姿を載せるので見てあげてくださいv

本日は佐々木が担当致しましたv

JIBUNN

設計@佐々木

カテゴリー:未分類 |投稿者:

住宅の資産価値とは

2016年8月29日

こんにちは。秋田ハウスです☆
本日は工務課の境田が担当させて頂きます!

まだまだ暑い日が続いておりますが、夜はずいぶんと過ごしやすくなり、季節は確実に夏から秋へと移り変わってきていますね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。これから、一日の中でも気温差が大きくなってまいりますので、体調を崩されないようお気をつけくださいませ。
また、台風10号が30日にかけて関東、北日本に接近、上陸する恐れがあります。外出する際や外の物が飛ばされないようご注意下さい。

我が家では、長男が夏休みの自由研究にとお仕事体験をして参りました☆
私は一緒に行けなかったのですが、真剣に、楽しく体験してきたようでした!

IMG_6905

IMG_6896

IMG_7066

本日は、住宅の資産価値について少しお話させて頂きたいと思います。
一戸建て住宅の価格は、土地の価格と建物の価格の合計額となります。しかし、建物の価値は築年を重ねると減少していき、一般に木造住宅の査定価格が築20年でゼロとなるなど、住宅の資産価値が維持されていない現状が明らかになっています。例えば、3000万円の土地に2000万円の建物を建ててもこの建物の価値は年々減少していき、わずか20年で2000万円もの価格がするものが、市場では0円という評価を受けてしまうということになります。しかし、それでも「土地と建物の両方とも所有したい」という傾向が現在も続いています。ある資料によると、「土地と建物の両方とも所有したい」理由は、

1位「子どもや家族に土地・建物の形で財産を残したいから」
2位「土地、建物は他の資産と比べて有利な資産だから」
3位「借地、借家では生活や権利が不安定であり、満足できないから」

となっています。つまり、家族に残すことが出来る家であれば外部要因とは関係なく、一つの大きな財産として所有していきたいと考えている方が多いということになるのではないでしょうか。

秋田ハウスの高性能住宅は、気象条件に強い外壁材、結露が発生しづらい内部構造という長寿命住宅としての要素を時代に先駆けて洗練してきました。長年快適に住むことが出来るだけでなく、建替え費用などの大きなコストも抑えられる造りとなっております。耐用年数の長い長寿命住宅を建築することで、より資産価値の高い住宅を残すことが出来るのです。

秋田ハウスの住宅にご興味を持ってくださった方、住宅の新築やリフォームをご検討中の皆様、是非お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

IMG_0213-150x150
本日は工務課の境田が担当いたしました。

カテゴリー:未分類 |投稿者:

煉瓦積みと地震

2016年8月28日

こんにちは
秋田ハウスの田中です

先日、イタリア中部で発生致しました地震にて多くの方がお亡くなりになられまして、まだ懸命に救助活動か続いているようですが、一刻も早い救助と復興そして、お亡くなりになられた方々へのご冥福をお祈りいたします。
実は、イタリアも日本程ではございませんが、地震多発国のようですので国の方でも防災意識を高めて、建物の耐震化を図っていただけたらと思います。

さて地震といえば、よく当社の『煉瓦積みの家』について「煉瓦は地震に対して構造的に大丈夫か?」というご質問を頂きます。
やはりブロック塀のイメージがあるのか、意外にも煉瓦が構造的に弱い印象があるようです。

しかし、当社の『煉瓦積みの家』は地震に対してしっかりと対策をしておりまして、下の資料にまとめてみました。

121201エコフェスティバルパネル-構造 まとめると…

1.鉄筋・ウォールタイを使って構造体としても役割を果たせるくらい頑丈な外壁となっています

2.構造体への荷重負担がなく、挙動の影響も少なっています

3.自然災害に対しても安全性の高い技術です

詳しくは、こちら(http://www.akitahouse.co.jp/technology/02brick.html#chukudumi)やお客様の声(http://www.akitahouse.co.jp/voice/index.html)でもご覧頂けます。
その他にも展示場の煉瓦模型、耐震実験の動画など資料を揃えておりますので気になる方は是非ご相談下さいませ。

本日のブログは田中が担当致しました。

タナカ

カテゴリー:未分類 |投稿者:

一年中快適です♪

2016年8月27日

こんにちは!秋田ハウスです。

暑い夏も終わりに近づいていますね。

この夏に完成見学会やイベントにご来場いただいたお客様は、秋田ハウスの住宅は、暑さに強いという事がお分かりいただけたかと思います。

これからは台風が多くなってきますので、ジメジメした不快な日が続きますね・・・

もちろん、秋田ハウスの住宅はそんな季節にも大変強いです!

マッハシステムにより、床下から小屋裏まで換気を行っており、エアコン1台で家中お好みの温度、湿度に調整可能です。

無題

一年を通して過ごしやすく、住む方が健康に過ごせて、かつ建ててからお金がかからない、長寿命な住宅があったら最高ですよね。

是非、秋田ハウスにご相談ください!

外壁のレンガには防音性もありますので、雷や大きい音も防いでくれますよ♪

本荘本社ではレンガショールームを設けておりまして、実際に屋内で煉瓦積み外壁がご覧いただけます。
IMG_0086IMG_0140

レンガも各種揃えており、実物もご覧いただけます!

IMG_0064

ご興味がございましたら是非お気軽にお問い合わせ、お越しくださいませ。

本日のブログは総務経理の吉清水が担当致しました。

IMG_4467

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる