2019年8月 のアーカイブ

次回イベントのご案内

2019年8月31日

こんにちは
秋田ハウスです(^^)

朝夕は気温が低くなってきまして、季節の変わり目を感じますね。
日中との寒暖差でご体調を崩されませんよう、お気をつけ下さい。

さて、秋田ハウスでは9月14日(土)~16日(月・祝)の3日間、当社さきがけ展示場にて
セカンドライフプランの相談会を開催致します。


ご退職後に新築をお考えの方におすすめですので、是非ご都合の良い方は
ご来場下さいませ。


社員一同、皆様のご来場をお待ちしております。

本日のブログは田中が担当致しました。

カテゴリー:未分類 |投稿者:

はじめまして(^-^)

2019年8月30日

こんにちは。

秋田ハウスです。

ブログ初登場の展示場 黒澤です(^-^)

 

毎日、曇りや雨の日が続いていて少し肌寒い日もあったり。。。

あんなに暑かった日がなんだか懐かしく感じます。

 

 

少しづつ秋を感じられるようになり、秋田ハウス展示場でも秋の装飾になっております。

一枚目のお写真です。

ボルドーやパープルのお花です。


 

二枚目のお写真です。

オレンジ中心のお花です。


 

他にも、オレンジのもみじや赤い色の木の実など、展示場の中は秋色です。装飾しているとなんだか気分も秋になってきました。

秋の装飾の秋田ハウス展示場へぜひお越しください。

 

 

 

 

本日のブログ担当は黒澤でした。

 

 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

マッハシステム紹介です

2019年8月29日

こんにちは。秋田ハウスです。

当社では「マッハシステム」という空調システムを導入しております。

マッハシステムとは、高気密高断熱を利用したエアコン1台での全館空調システムです。

 

エアコン1台で家全体を均一な温度に保つことができ、

・ヒートショックの予防

・エアコン1台の温度操作で全館対応

・冷暖房器具の設置数が1台

・電気代やメンテナンス費用が1台分

といったメリットがあります。


また24時間換気に対応し、床下から小屋裏まで家全体の空気環境を清潔に保てますので、シロアリ対策や木材の腐食防止にも繋がっております。

日本独自の高温多湿の気候や、木造住宅の造りに対応できる空調システムとなっておりますので、是非ご検討下さい。

 

本日は工務課の遠藤が担当致しました。

カテゴリー:未分類 |投稿者:

気温の変化に対応!

2019年8月28日

こんにちは秋田ハウスです!

 

お盆が終ってから1週間がたち、朝と夜は段々涼しくなって参りました。

 

気温差も大きくなってきているので体調管理には十分に気を付けなければなり

 

ません。

 

そんな気温差でも秋田ハウスの住宅は快適に過ごせます。

 

 高気密、高断熱・長寿命なレンガ積みの家 の秋田ハウスですが、もちろん健康住宅としても昔から力を注いでいます。

 

 長寿命な住宅だからこそ、お客様にいつまでも健康で暮らしていただけるような家づくりをしております!

 

マッハシステム、快適に過ごしましょう。

 

さきがけ展示場でこれらを体感できますのでお気軽にいらしてください。

 

社員一同、心よりお待ちしております!


本日は佐々木が担当致しました。

 

 

 

 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

断熱性能

2019年8月27日

こんにちは秋田ハウスです。

皆様にはいつも大変お世話になっております。

一雨ごとに気温も低くなり秋に近づいてきましたね。

季節の変わり目です、体調管理には気を付けてまいりましょう。

私は季節の変わり目になるとちょっとした拍子にギックリ腰なりやすく注意してます。

本日は
住宅の『断熱性能』について触れてみます。
多くの住宅メーカーが高気密高断熱を宣伝おりますが、
高気密高断熱とはどの程度が『高い』性能なのか疑問を感じませんか?

実は、断熱・気密に関しての性能を数値的に表すものがありまして、
断熱性能を表す指標がQ値
気密性能を表す指標がC値といいます。

住宅の性能を数値で表すことで、住宅の性能がどの程度の断熱性・気密性を持っているのかが分かります。
これから新築をご検討中されるなかで、性能の差別化と検討材料になるかと思います。
是非、C値とQ値を覚えていて頂き住宅メーカーの比較をされてみてはいかがでしょうか。

本日はそのQ値の方をご紹介させて頂きます。

Q値とは熱損失係数というものでして簡単にご説明しますと
住宅の熱の逃げやすさを表しておりまして、この数字が小さいほど断熱性能の高い住宅と言えます。

先に、当社の平均的なQ値を申しますと、Q値=0.9~1.4なのです。

これだけでは、どの程度の断熱性能なのかはハッキリ分からないですよね。
そこで、比較材料として下の図をご覧下さい。

Q値 Aが当社住宅のQ値なのですが、BがR-2000住宅といってカナダでの基準値、
C・Dが日本の次世代省エネルギー基準を表しております。

Q値は数値が小さければ小さいほど、断熱性能が高い住宅といえますので
当社住宅の断熱性能がどれだけ高いかがお分かり頂けるかと思います!

Q値につきましては、ご提案させて頂く間取りでの計算を行いまして
暖冷房費のシミュレーションと合わせてお見せしていますので
ご興味を持たれましたら是非、お問い合わせを頂ければと思います。

本日のブログは三船が担当しました。
ブログ写真
 

カテゴリー:未分類 |投稿者:

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる