煉瓦はどこから?

2015年5月27日


こんにちは!

秋田ハウスです。

5月も末になってきましたが、今年の5月は気温の変化が激しいですね・・・

熱中症の報告も多数上がっているようでしたので皆さまどうぞお気を付け下さいませ。

 

私事ですが、最近料理をする機会が多くなり、ちょっとハマってます♪

これは先日作った創作料理です。

DSC_0309

鶏肉のケチャップベースのピリ辛炒めです。おいしかったですよ~★

酒の肴にもぴったりでした。

大学時代厨房でバイトしてたので結構料理には自信があったりします♪

次は何か和食に挑戦してみようかと、考え中です!

 

さて、余談はこれくらいにして本日は煉瓦についてお話致します!

煉瓦の外壁材として当社でおススメさせていただいている煉瓦ですが、輸入の際にどのように運ばれてくるのかご存知でしょうか?

煉瓦は基本的に船に乗せて海を渡って秋田へ届いております。

原産国はマレーシアや、中国がメインとなっております。

コンテナに入って秋田に届くのですが、1コンテナには20パレットの煉瓦が入っています。

ちなみに1パレットというのはこちらになります。

DSC_0186

1パレットあたり大体600個の煉瓦が積まれており、それが20パレットですので、1コンテナの取引では約12000個もの煉瓦が取引されることになります!

港で荷下ろしされてからは、陸送でストックヤードに運ばれます。

DSC_0188

こうしてはるばる海外からきた煉瓦を皆様のお家の外壁として使用しておりました!!

メンテナンスも不要で、重厚感もあり非常におススメな煉瓦の外壁。

気になった方はいつでもお問い合わせ下さいませ♪

本日のブログは、輸入関連の業務も行っている総務経理の阿部が担当致しました。

ブログ用写真阿部

 

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる