確定申告と住宅ローン控除

2019年3月1日


こんにちは
秋田ハウスです(^^)

段々と暖かくなってきまして、すっかり雪も見なくなりましたね。
それでも朝夕は、まだ冷え込む日が続きますので、どうぞご体調にはお気をつけ下さい。

さて、本日のブログの題名にもなっております「確定申告」
皆様、お済みになられましたか?
特に新築をされた方は、「住宅ローン控除」を受けられるのでお忘れのないようお気をつけ下さい。

ところで、なぜ新築をされた方が確定申告をしなければいけないかご存知でしょうか?
確定申告には所得税を納める「所得税の申告納税」とは別に、納めすぎた所得税を還付してもらうための「還付申告」もあります。
この「還付申告」の代表的なものに「住宅ローン控除」があり、これを受けるために、確定申告が必要になります。

「住宅ローン控除」を受けるための手続きは、会社を通じた簡易な手続きである「年末調整」ではできないため、ご自身で手続き(確定申告)をしないといけないのです。
※なお、確定申告が必要なのは1年目だけで、2年目以降は年末調整ができます。

次に、「住宅ローン控除」とは何かを簡単にご説明致します。
「住宅ローン控除」とは、新築時に一定の条件のローンを組んで住宅をご購入をされることで、年末のローンの残高に応じて税金が還ってくる制度のことです。
この制度の適用を受けるには、所得が3,000万円以下であることや返済期間が10年以上の住宅ローンであることなど、幾つか要件がありますが、要件に当てはまる方については10年間 以下の①~③の金額のうち、最も小さい額が控除対象として還ってきます。
①所得税+住民税額
②1年の最大控除額(40万円)
③各年末時点のローン残高の1%

申告期間は、3月15日(木)までとなっておりますので、昨年新築をされてまだ確定申告がお済でない方はお忘れのないようお気をつけください。

申告に必要な書類につきましては、下表をご参考下さいませ。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。
本日のブログは田中が担当致しました。

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる