家事をしやすく

2019年10月9日


こんにちは
秋田ハウスです。

先日、住宅デザインの専門家である、タブチキヨシさんという方の
セミナーに参加してきまして、せっかくのご縁なので、
早速、講師の方の本を読んでみることに・・・。


タイトルの最初が良いですね。
ズボラでも暮らしやすい!」という部分に
心惹かれる方も多いのではないでしょうか?

この本には、家事をラクにする沢山の間取りが掲載されています。

本の表紙に掲載された上の間取りでは、
南向きの日当たりの良い場所に物干し部屋兼用の洗濯スペースがあります。
隣接して、大容量の家族の収納があり、洗濯物を取り込んだ後、
短い動線で収納できるようになっています。

最近は、1階にファミリークローゼットを設けたり、
広い洗面脱衣室に洗濯物を干せるようにしたりと、
どうしたら家事がラクになるかを考えた間取りが増えているように思います。
水廻りの収納は、浴室や洗面室、お手洗いで使用する日用品とそのストックのほか、
洗濯用品、物干し、アイロン、タオル、ご家庭のよっては家族の着替え・・・
などを仕舞うのに十分な収納力があり、場所についても、
一ヶ所にまとまっていると家事動線が短く、ストレスが少なくて良いですよね。

ところで、セミナー講師のタブチキヨシさんが、
参加者へこんな質問をしていました。

「キッチンに置いてあるゴミ箱は何個ですか?」

「洗濯はいつも何時頃にしていますか?
朝ですか?夜ですか?夜の方は、20時ですか?22時ですか?」

この質問への回答は、セミナーに参加した約80名、皆バラバラでした。

洗濯についていえば、夜に行う方が多かったと思います。
お仕事されながらだと、そういうサイクルの方が多いのでしょうか・・・?
子育て中の方で、毎日2回洗濯機をまわすという方もいらっしゃいますよね。
洗濯を夜に行うと一言で言っても、
夕食を作りながら・・・という方もいれば、
食事の片付けが終わった後、寝る前までに・・・という方もいらしたりと、
様々だと思います。
例えば、食事を作りながら洗濯もするのであれば、
キッチンと洗濯機が隣接する配置だと、動線が短くて済むため、
間取りにも反映しよう・・・という具合に、
生活スタイルや考え方を間取りに落とし込むことができます。

ちなみに、私の前の机に座られていた方は、朝洗濯をされるようでした。
どんな家族構成なのか、出勤時間が遅めの方なのか、早起き出来る人なのか・・・?
どんなタイムスケジュールで朝の忙しい時間を過ごしているのか・・・?
洗濯時間が朝というだけでも色々考えてしまいます。

こんな風に、皆さん、生活スタイルも、家事の仕方も考え方も違います。

そのため、どんな間取りが生活しやすく快適なのか、違います。

仕事に家事に育児に・・・忙しい皆様の味方になれるような、
家事がしやすく、ストレスが軽減される間取りを
秋田ハウスの住宅で沢山増やせたらと思います☆

本日のブログは、佐藤が担当致しました。

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる