レンガの家の実際に住んでみて。

2021年2月23日


こんにちは、本日は営業の小林がお送り致します★

レンガ積みの家、マッハシステムで建てた我が家は、今月で丁度、
築10年の節目を迎えておりました。

そこで今回は、実際に住んでみて感じた事をいくつかご紹介を
させていただきたいと思います。

〇想像以上に防音性が高い!
帰宅して、玄関を開けた瞬間に、子供達が大声でケンカしている事が
よくあります(笑)
扉を開ける瞬間まで聞こえておらず、開けた瞬間に聞こえてくることに
気が付いた時に、『近所迷惑にならなくて良かった・・』と思います。
レンガ壁の外では聞こえず、ガラス窓の外に立つと少し聞こえるレベルです。

〇想像以上に暖かい!
先日、5才の娘が保育園から帰って来て玄関に入った瞬間、
『わぁ~、我が家は暖かくて一番だね~』と
テレビCM並みのコメントをしまして家族全員爆笑しておりました。
真冬でも、長男は掛布団なしで寝るという変な癖がついてしまいました・・
さらに、子供達がふろ上がりや走り回って暑いと感じるようで、吹雪なのに
窓をいつの間にか開けてしまい、『暖房費がもったいないから閉めて!』
というやり取りをいつもしています。

〇冬場の乾燥時期はどうにかなってしまう!
よくお客様からいただく質問で、乾燥具合はどうですか?と
聞かれる事があります。
空調室の中に、角型洗面器に水を張り、キッチンペーパーを浸して
置いておくだけで家全体に加湿してくれるので全く問題ないのですが、
実は最近、それすらたまにしかやらなくなって来ました・・

最初の頃は加湿対策をしないと、乾燥に敏感なお婆ちゃんが真っ先に
『乾燥してる!』と話しが出たり寝室に加湿器を設置していたよう
でしたが、不思議なものでこの数年は家族全員現在の空気環境に
慣れてしまったようで、乾燥しているも何も話にすら上らなくなりました。

むしろ加湿の仕方が熟練してしまったかも・・
例えば、外気温が下がるほど湿度も下がりますので、寒波が来る
予報をみて洗面器に水を入れたり、子供が少々風邪気味だなと
いう時だけしか加湿しておりません。
後は冬場だけは風呂上りは換気扇をつけずに扉を開放して
置く事を家族全員理解するようになったのも大きいかも知れません。


まずは今回の大きい所はこれくらいですが、また機会があれば
他にもたくさんありますのでまた触れさせていただきたいと思います。

では最後は恒例の我が家の電気代です。

【我が家の電気代に関わる条件】

  • オール電化(24時間暖冷房)
  • 煉瓦積みの家、マッハシステム(旧型)
  • 2011年2月入居
  • 家族構成 母・夫婦・子供二人の5人家族
    (二世帯同居タイプ)
  • 日中常に在宅(割高な電気時間帯の在宅)
  • 暖冷房床面積 49坪
※暖冷房床面積と家族構成で電気代は大きく変わりますので
ご注意下さいませ。特に核家族の方はこの電気代よりも
もっとお安くなってくるかと思います。

2月分は39,223円でした!
※申し訳ございません。本日PCの調子が悪く、回復次第に画像の方をアップさせていただきます・・
では来月もお楽しみに♪
本日は小林がお送り致しました。

 

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |

▼カテゴリー
▼最近の投稿
▼人気のタグ
▼月別で記事をみる