• Home
  • 住まいづくりQ&A
 



<<質問一覧へ戻る  


外張断熱工法を採用している理由は?



 秋田ハウス(株)の外張断熱工法は、屋根・壁・基礎など、建物の外周を防湿・気密材と断熱材で完全に覆う工法です。この工法により、防湿・気密材と断熱材に連続性が生まれ、住宅の防湿・気密および断熱の欠落部分がなくなります。このことで、住宅の高い断熱性能と、高い防湿・気密性能が発揮され、健康・快適で省エネルギーな、長寿命住宅になります。
 現在は外張断熱工法を採用していますが、高性能住宅第一号を完成した1988年から1992年の間は、内断熱工法を採用していました。内断熱工法と言っても、住宅性能に取り組んでいない住宅と比べると、住宅性能は数段上で、お客様から喜ばれ、評価を頂いておりました。しかし、構造材の間に断熱材を充填する内断熱工法では、構造材が外気と直接接触する部分(断熱面の欠落部分)が断熱面積全体の約20%〜30%もできてしまうことで、以下に示すような2つの問題点が起きてしまいます。
 1つ目は、内断熱工法は外張断熱工法と比べて暖冷房費がかさむほか、壁内・床下などに結露が発生し、腐朽菌・シロアリの被害を引き起こす可能性があるという問題点です。これは、断熱面の欠落部分が熱橋(室内と室外の間に熱を伝える橋)となり、断熱性能が低くなってしまうことで生じる問題点です。
 2つ目は、断熱材が欠落した部分の木材(構造材)が、外気側と室内側の大きな温度差によって、反ったり・割れたりする可能性があるという問題点です。このことは最悪の場合、気密・断熱性能の低下に繋がります。
 この2つの問題を同時に解決するためには、基礎や構造材の外側に防湿・気密層と断熱層を設けることが必要であるとわかり、問題解決のために外張断熱工法を導入致しました。導入は簡単そうにみえましたが、構造面・技術面・コスト面等、様々な難問がありました。それらの難問を解決し、現在ではコストを抑え、かなり完成度の高い外張断熱住宅を施工することができております。
 ちなみに、1988年当時、現在と変わらない気密・断熱の施工方法を採用して建築した当社の秋田営業所社屋には、現在でも経年変化による気密・断熱性能の低下がみられません。
 
[2007-06-23更新]