• Home
  • 住まいづくりQ&A
 



<<質問一覧へ戻る  


外張断熱工法のメリット・デメリットと特長は?



 外張断熱工法のメリットは、大きく分けて以下に示す4つが挙げられます。

1) 高い断熱性能と、高い蓄冷・蓄熱性能を発揮
 屋根・壁・基礎など建物の外側を防湿・気密層と断熱材で覆うため、防湿・気密層と断熱材の連続性が生まれ、気密性が高まると共に、さらに、断熱材の欠落部分が無くなり、高い断熱性能が発揮されます。その結果、建物に使用される構造材・建材・基礎・床下の土間コンクリート・設備機器や家具に至るまで、全ての物に、冷・暖房器から放熱された熱や窓から差し込んだ太陽光の熱、生活で発生する熱などが、蓄冷・蓄熱され、それらの熱が有効に活用されます。このような高性能住宅の場合は、蓄冷・蓄熱効果により、省エネルギーで室温を一定に保つことが可能になります。
 たとえば、暖房時に室温を20℃に設定すると、室温が20℃になると暖房器から熱の供給が止まります。どんなに高性能な住宅でも、少ないですが漏気があり、断熱性能の高い断熱窓といえども、窓のガラスから熱が逃げます。しかし、高性能住宅なら、熱が逃げても、蓄熱されていた物から放熱されて、逃げた分の熱を長時間補うため、室温はなかなか下がりません。放熱しきると、徐々に室温が下がり始めます。それをセンサーがキャッチし、暖房器から熱の供給が始まるという繰り返しで、省エネルギーで常に設定した室温を保ちます。冷房時には家が蓄冷するため、暖房時と同様に省エネルギーで健康・快適な温熱環境を保つことができます。
 熱橋や漏気の多い住宅は、せっかく暖冷房をした相当の熱が、熱橋を伝わり外部に放熱されるほか、隙間からの漏気で熱が外へ逃げてしまい、エネルギーロスになってしまいます。熱の逃げる場所が壁中・床下などであれば、その部位に結露が発生しやすくなります。

2) 結露が発生しにくく、カビ・ダニや腐朽菌、シロアリの被害が少ない
 外張断熱工法では、構造材の外側から防湿・気密層工事を行うため、施工がしやすく、高いレベルの防湿・気密施工が可能です。
基礎の防湿・気密と断熱の施工は、内断熱工法の場合は困難で、完全な施工がしづらいのですが、外張断熱工法の場合は簡単で、防湿・気密材と断熱材を基礎の側面に隙間なく貼り付けていくことでしっかりと施工できるため、気密・断熱性能の高い住宅になります。
 床下がしっかりと計画換気されており、温湿度環境が室内の環境とほぼ同じになっているほか、壁中・小屋裏の温湿度環境も室内の環境とほぼ同じになっているため、結露の発生が極めて少なくなり、構造材や床下の土台その他木部において、腐朽菌やシロアリの被害を受けにくくなっています。また、結露が発生しないことで、カビ・ダニが発生しにくく、健康で快適に暮らすことのできる環境が維持できます。

3) 経年変化が少ない
 基礎の立ち上がり(布基礎)部分が気密材・断熱材でサンドイッチされて、雪・雨・風や夏の高温、冬の低温から守られるため、基礎が長寿命になります。
構造材が常に室内の温湿度環境に近い状態にあるので、木材に反り・割れなどが生じにくく、年月を経ても建築当初に近い性能を維持することができます。

4) 小屋裏や床下空間を有効に利用することが可能
 通常、小屋裏や床下はデッドスペースとして温熱・空気環境が考慮されませんが、当社の外張断熱工法の住宅では、結露やエネルギーロスを起こさないために、小屋裏や床下を室内空間と同様の温熱・空気環境にしてあります。そのため、小屋裏や床下空間を大きな収納などとして有効に利用して頂くことが可能です。また、小屋裏をロフトやシアタールーム、メンテナンススペースなどとしてご使用頂くことも可能です。


 外張断熱工法のデメリットは、導入当初、かなりコストがかかったことです。しかし、その後十数年かけてコストダウンに成功し、現在では内断熱工法より少々割高ですが、内断熱工法の数段上の高気密・高断熱住宅が施工できるという状態です。近い将来には、他の断熱方法と同程度の価格か、他の断熱方法よりも安い価格に設定できるよう、当社では努力しております。

 
[2007-06-23更新]