• Home
  • 住まいづくりQ&A

秋田ハウスのパッシブ・エコロジー住宅への対応について教えて下さい。

 冷暖房費を最小限に抑え、先端技術と自然の力を駆使して快適に暮らす「パッシブ・エコロジーな住宅づくり」をオプション仕様に加えました。

敷地の緯度や経度、日照、通風状況を計算するシュミレーションシステムを使用し、季節毎の様々な条件を検証し、建築角度や開口部の高さ、大きさを決めます。そして、冬は建物に直接太陽光を取り込んで熱容量の大きい躯体に当て熱を蓄熱する自然暖房と、夏は躯体に太陽光が直接当たらない様にコントロールし、風のない日でも室内に空気の対流を起こして空調機能を持たせる設計で、夏涼しい自然冷房が可能になりました。

太陽の熱でお湯をつくり給湯、太陽光発電装置による発電などが主要なもので、それぞれのエネルギー需要に適合した技術を対応させることで、相当なエネルギー自給を可能にしました。これは、高性能住宅だからこそ可能な「パッシブ・エコロジー住宅」なのです。

 

 

 

 

 

 

エネルギーコスト
について