• Home
  • 住まいづくりQ&A


シックハウスやアレルギーは新築の家だけに発生するの?

 シックハウス症候群やアトピーなどのアレルギーが新築住宅に多く見られたのは、床材や合板、ビニールクロスや接着剤などの建材からホルムアルデヒドに代表される揮発性有機化合物が大量に発生し、室内の空気を汚染していた為です。
最近では建材メーカーも対策として低ホルムアルデヒド製品を開発し、どの住宅会社でも

低ホルム製品を使用した家づくりをしています。

しかし最近では新築時の建材以外にも、家具やクリーニング・防虫剤など、生活していく中で持ち込んだものからも有害物質は発生していることがわかってきています。
また、その他にも

 ・湿気やほこり、呼吸による炭酸ガスなど暮らしの中で発生する汚れ
 ・花粉やNoxなど外界の空気の汚れ


のようなアレルギーを引き起こす物質は、発生源を完全に断つことはできません。

これを防ぐために、継続的な計画換気は現代の住宅では必須条件であるといえるでしょう。


 秋田ハウスの高気密高断熱住宅は、低ホルムアルデヒド建材の使用はもちろんのこと、24時間計画換気システムでの快適な空気環境を実現し、秋田県内初の健康住宅認定を取得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→健康住宅認定