• Home
  • 住まいづくりQ&A

断熱材が厚ければ厚いほど、家は暖かいんですか?

これは誤った認識です。

気密施工がしっかりしていなければ、壁内部で結露が発生し、やがて建物に深刻な被害を受けてしまいます。性能の高い断熱材であればあるほど、より内外の温度差が広がるため、逆に結露発生の可能性も高くなってしまうのです。


よく断熱材の性能のみを全面に押し出しているハウスメーカーの宣伝を見かけますが
気密性能なくして断熱性能を語ることはできません。
常に一対のものであると秋田ハウスでは考えています。

※そのため秋田ハウスでは、一般的な「高断熱・高気密」という呼称ではなく
高気密・高断熱」と呼んでいます。

 ×  高断熱・高気密住宅

 ○  高気密・高断熱住宅  →気密あってこその断熱性能


 

 

→内部結露とは



→秋田ハウスの
気密・断熱性能