• Home
  • 住まいづくりQ&A

JK構法とは何ですか?

 JK構法とは、木造住宅の良さはそのままに、熟練技術を要する墨付けや仕口加工箇所が少なく、接合強度も一般在来工法をはるかに上回る合理的で理想の構法です。

木材の接合部を金具で緊結し 高い強度と耐震性を実現
 在来軸組工法の接合部である「仕口と継ぎ手」は、木材を大きく削り取って組み込むために、接合部が弱かったり、地震などの揺れで壊れたり外れたりする心配があります。

JK構法は、この従来の工法の弱点であった接合部分に「JK接合金物」を使用して、接合部の強度を2倍以上に高めた新工法です。
欧米では既に数十年の歴史を持つこの金物工法は、理論的に確立されているだけでなく建設省や農林省の各種公的試験でその性能が実証されています。

 

熟練工による組立強度のバラツキが発生しない
 JK構法は、精度の高いプレカット技術により加工された構造材を専用の金具によって緊結・組立てられますから、職人の熟練度による強度のバラツキや欠陥が生じません。

完全乾燥のJ-WOOD・LVLで高い精度を長く保つ
 完全乾燥材であるJ-WOOD・LVLを構造材に使用することで、収縮によるボルトのゆるみや仕口部のスキがほとんど発生せず、高い精度での接合を長く維持できます。。

外張断熱工法なので金物が錆びない!
 躯体の高強度を支えるJK金物が結露し、さびてしまっては、建築時の高強度を保てません。
秋田ハウスでは「外張断熱工法」を採用し、断熱材で躯体の外側を丸ごと包むことにより、構造上重要な金物類が結露しにくいため、さびることなく建物を支え続けます。
また金物自体が熱橋(ヒートブリッジ)になることも防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-WOOD・LVL
について

 

 

外張断熱について