外張断熱工法

秋田ハウスでは、住宅の断熱施工としては画期的な工法「外張断熱工法」を採用しています。
構造体の外側を断熱材ですっぽりと包み込むことで、従来の軸間断熱工法では解決しきれなかった数々の問題点を、すべて解決することが可能になりました。
健康・快適・省エネルギーを実現できる、まさに次世代の断熱工法です。

●外張断熱工法

従来の断熱工法の最大の問題点、それは「ヒートブリッジ(熱橋)」でした。どんなに高性能な断熱材を使用しても、柱・間柱・梁・根太など、断熱材の入っていない部分からは、熱は逃げていってしまいます。一般的な在来軸組工法だとその熱橋となる面積は、壁・床・天井の総面積の30%近くにもなります。熱の逃げ道を作ってしまうことで、壁体内部では結露が発生し、断熱性能が低下するだけでなく、カビやダニの温床となり、アレルギーやシックハウス症候群の原因になります。また、建物の骨格である構造材(木材)が腐れたり、白蟻が発生するなど、建物の耐久性への影響はおろか、倒壊の危険にも繋がります。



秋田ハウスの外張断熱工法は、基礎から壁・屋根に至るまで、構造体を板状断熱材ですっぽりと包み込みました。この工法でヒートブリッジを無くすことにより、壁内結露が起きにくく、大変効果的な断熱施工が可能になりました。


※柱等の構造体は、ご提案のプランにより異なる場合がございます。

●驚異の熱損失係数Q値=1.11 W/m2・K を実現!

 建物の断熱性能を示すために用いられる指標として、熱損失係数(Q値)があります。
これは、天井・外壁・床・窓など各部位の熱の伝わりやすさと、換気による熱損失を合計して計算される値で、数値が小さいほど断熱性能が良いことになります。
秋田ハウスの住宅の熱損失係数は、Q=1.11(モデルプラン、58坪)。これは、H11年3月に通産省・建設省で告示されたばかりの「次世代省エネルギー基準(Ⅱ地域) 」のQ=1.9 W/m2・K や、世界でもっとも厳しいといわれる、カナダのR2000住宅のQ=1.4 W/m2・K をはるかに上回る断熱性能です。
また、秋田ハウスでは独自の「熱計算プログラム」により、お客様へのご提案プラン1棟1棟にQ値を計算し、断熱性能を明示しています。


※秋田ハウス(株)では、外断熱工法や外張断熱工法等の用語を、「外張断熱」に統一しております。